HOME > イベント情報・お知らせ

イベント情報・お知らせ

3月17日<表丹沢>菩提峠−二ノ塔−三ノ塔−牛首 
確認日/令和3年3月17日(水)
コース/<表丹沢>菩提峠−二ノ塔−三ノ塔−牛首
天気/晴れ
気温/16度(12時頃、三ノ塔山頂にて)
外出が難しい方も多い社会状況ですが、パークレンジャーの活動情報を見てお楽しみください。

<登山道情報>

・二ノ塔や三ノ塔山頂にかけて、ぬかるみのひどい箇所への木道・構造階段の設置や、古くなった木道などの交換が行われ、登山道が歩きやすくなりました。これは、直接土壌や植物を踏まないようにすることで、侵食を防ぎ、植物や土壌を守るために設置されています。(写真1)(写真2)(写真3)(写真4)
写真
写真1 工事前の二ノ塔山頂直下の様子
写真
写真2 現在の様子
写真
写真3 きれいに整備された二ノ塔山頂
写真
写真4 二ノ塔からの富士山方面の展望
・三ノ塔山頂の公衆トイレは凍結の為、3月末まで使用出来ませんのでご注意下さい。
・三ノ塔尾根は登山道と作業道の交点が数箇所あります。登山道を示す貼り紙や指導標を見落とさないよう気を付けましょう。(写真5)
写真
写真5 作業道との交点

<自然情報>

・春の暖かさで、花や昆虫を少しずつ目にするようになってきました。様々なかたちで厳しい冬をしのいだ生き物たちは、春の訪れを喜んでいるようです。(写真6)(写真7)(写真8)(写真9)
写真
写真6 コケリンドウ
写真
写真7 エイザンスミレ
写真
写真8 ヒオドシチョウ
成虫で冬を越すので少し翅が痛んでいます。
翅の裏 側の色は、枯葉に溶け込みます
写真
写真9 ベニヒラタムシ
名前の通りとても平たく、この形は
樹皮下での生活に適しています。越冬も樹皮の中
<上記情報元>かながわパークレンジャー
3月10日<西丹沢>林道秦野峠―檜岳―雨山峠―寄水源林 
確認日/令和3年3月10日(水)
コース/<西丹沢>林道秦野峠―檜岳―雨山峠―寄水源林
天気/晴れ
気温/11度(12時頃、檜岳山頂にて)
外出が難しい方も多い社会状況ですが、パークレンジャーの活動情報を見てお楽しみください。

<登山道情報>

・寄から雨山峠の間は、令和元年の台風19号の影響で通行止めが続いていましたが、最近歩けるようになりました。とは言え、道迷いが多発していた場所です。渡渉を繰り返し、道幅が狭く崩れやすい場所もあるなど、経験者向けのコースです。安易な入山は避けましょう。(写真1)
写真
写真1
・林道秦野峠から伊勢沢ノ頭まで登れば、雨山までは比較的なだらかな尾根歩きが続きます。落葉した時期には、樹間から富士山だけでなく、丹沢の主脈主稜線上の山々を見渡せます。このコースの魅力のひとつです。(写真2)(写真3)
写真
写真2
写真
写真3
・伊勢沢ノ頭周辺で、シカの管理捕獲が行われていました。時折猟犬の鳴き声や、発砲音が聞こえてきました。ハンターさんは登山道に向けて発砲することはありません。こういう日は特に登山道から外れて行動しないように注意してください。(写真4) 写真
写真4

<自然情報>

・沢沿いの藪の中で、カヤネズミのものと思われる巣を見つけました。器用に作ってありますね。(写真5)
・獣毛が登山道に落ちていました。まとまって落ちている時はシカかカモシカの場合が多く、毛を曲げた時に折れるとシカであると考えられます。(写真6)(写真7)
・少しずつ春の花が咲き始めてきました。(写真8・アセビ)(写真9・タチツボスミレ)(写真10・ミツマタ)(写真11・ユリワサビ)
写真
写真5
写真
写真6
写真
写真7
写真
写真8 アセビ
写真
写真9 タチツボスミレ
写真
写真10 ミツマタ
写真
写真11 ユリワサビ
<上記情報元>かながわパークレンジャー
3月6日<西丹沢>つつじ新道展望園地−檜洞丸−犬越路避難小屋 
確認日/令和3年3月6日(土)
コース/<西丹沢>つつじ新道展望園地−檜洞丸−犬越路避難小屋
※犬越路から用木沢出合・神ノ川方面へは接続する林道が通行止めとなっている為、 通行出来ませんのでご注意下さい。
天気/晴れ
気温/15度(12時半頃、つつじ新道にて)
外出が難しい方も多い社会状況ですが、パークレンジャーの活動情報を見てお楽しみください。

<登山道情報>

・檜洞丸山頂は木々に囲まれて展望はありませんが、西側の山頂直下にほんの少し足を延ばせば、雄大な展望が広がっています。(写真1)(写真2)
写真
写真1
写真
写真2
・美しいブナ林が残るイメージのある檜洞丸ですが、山頂周辺ではブナの立ち枯れが目立ちます。ブナの立ち枯れの原因は、大気汚染・水分ストレス・ブナハバチの大発生などが複合的に関係していると考えられています。(写真3) 写真
写真3
・ブナ林は天然の水がめといわれるように、多くの水を貯え、私達にとって大切な水源林となっています。豊かな水源林をこの先に残していくためにも、水源環境保全税を活用して植生保護柵を設置し、土壌の保全や自然林の天然更新を図っています。(写真4)(写真5)
水源環境保全税の詳細はこちら
写真
写真4 植生保護柵
写真
写真5 ブナの実

<自然情報>

・登山道上に小枝が落ちていました。よく見ると冬芽の部分がきれいに食べられています。おそらく、モモンガかムササビの食痕だと考えられます。食べ物の少ない季節ですが、春に向けて芽を膨らませる冬芽を食べて乗り切っているようです(写真6)(写真7)(写真8)
写真
写真6 カエデ類の冬芽を食べた食痕
写真
写真7 カエデ類の冬芽
写真
写真8 赤く色づく冬芽
<上記情報元>かながわパークレンジャー
3月3日<表丹沢>大倉―後沢乗越―鍋割山 
確認日/令和3年3月3日(水)
コース/<表丹沢>大倉―後沢乗越―鍋割山
天気/晴れ
気温/11℃(13時頃、鍋割山山頂付近にて)
外出が難しい方も多い社会状況ですが、パークレンジャーの活動情報を見てお楽しみください。

<自然情報>

・前日の雨で空気が洗われたように感じる、澄んだ晴天の日でした。午後になっても富士山や南アルプスが良く見えました。(写真1)
・冬枯れの林内で、アセビのつぼみが膨らみ始めていました。(写真2)
写真
写真1
写真
写真2
・花粉症の方には辛い時期になりました。スギ林の雄花の着花が目立ちます。スギは風媒花なので花粉は軽く、受粉の確率が低いため多量に飛散させる必要があります。関東地方では、日中では1000キロ以上、夜間でも50キロ以上先まで飛ぶそうです(写真3) 写真
写真3

<登山道情報>

・山頂の広場ではロープ柵で囲った中は植生が回復しています。柵の外では裸地化した個所があるのが残念です。休憩は出来るだけ野外卓などでとるようにしましょう。(写真4)(写真5)
・標高1000メートル付近以上では、登山道脇でシモバシラが出来ていました。裸地化した場所で出来やすく、土壌侵食の原因になっています。(写真6)
・鍋割山山頂に設置してある、登山者数を計測する登山者カウンターのメンテナンスに同行しました。この日の作業は、バッテリー交換やデータの回収を行いました。(写真7)
写真
写真4
写真
写真5
写真
写真6
写真
写真7
<上記情報元>かながわパークレンジャー
3月3日<表丹沢>阿夫利神社下社−かごや道−蓑毛越−阿夫利神社下社 
確認日/令和3年3月3日(水)
コース/<表丹沢>阿夫利神社下社−かごや道−蓑毛越−阿夫利神社下社
天気/晴れ
外出が難しい方も多い社会状況ですが、パークレンジャーの活動情報を見てお楽しみください。

<登山道情報>

・今回は、ケーブルカーのある表参道とは違った雰囲気を楽しめる登山者に人気のコースの一部です。(写真1)
・登山者の多いコースは、人による踏圧の影響を大きく受けます。木道やロープ柵により植生への影響を軽減するような対策も行っているため、登山道を外れることのないようにご協力をお願いいたします。(写真2)(写真3)
写真
写真1
写真
写真2
写真
写真3

<自然情報>

・かごや道では食事中のニホンジカがいました。こちらを警戒することなくシダ植物などを一生懸命に食べていました。よく見てみると角があり、オスだということが分かります。一般的にシカの角は毎年生え変わり、年とともに1から4まで分岐するため、この個体は1歳だと推定されます。(写真4)(写真5)
写真
写真4
写真
写真5
・テングチョウが飛んでいました。名前の由来となった天狗の鼻のように、頭部が前に長く可愛い顔をしています。これは下唇ひげ(パルピ)と呼ばれる器官で、他の種よりも長いのが特徴です。成虫で越冬し、早春に飛び始めるため、春の訪れを教えてくれる存在でもあります。(写真6) 写真
写真6
<上記情報元>かながわパークレンジャー
新加入企業のご紹介 
ロゴ
令和3年度より新規に入会される運びになりました。
株式会社グリーンメッセージ様
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
第43回 コリドー「緑の回廊」を丹沢から
イベント写真〜生命を育む森林づくりに参加しませんか〜
活動の趣旨/多様な生命を育む森林の再生を図るため、市民ボランティアの力で丹沢の環境保全を推進する。
●日時/令和3年4月17日(土)
※神奈川県西部の降水確率40%以上の場合、翌日に順延。翌日、同様の場合は中止。各自で判断をお願いします。
●集合/菩提峠 10:30集合
●解散/現地12:00〜13:00予定
●交通の案内/ 貸切バス※要予約 小田急秦野駅南口信号先左側9:30発
帰りは菩提峠 最終14:00発(時間厳守) 往復片道とも500円
マイカー参加の方は菩提峠に駐車できます。
●活動場所/菩提峠(徒歩0分。 どなたでも参加できます)
●活動内容/植栽植樹(ブナ、ミズナラ、ヤマザクラなど約15樹種)
●定員/100名(定員になり次第締切)
●参加費/1,000円(保険料等)小学生以下と森の学校は無料
●持ち物/昼食、飲物、雨具、軍手、他、軽装登山
主催/NPO法人 丹沢自然保護協会
共催/丹沢の緑を育む集い・丹沢大山自然再生委員会
協力/秦野市菩提生産組合、秦野市森林組合、神奈川県自然環境保全センター、丹沢大山ボランティアネットワーク
【申し込み・問合せ】
NPO法人 丹沢自然保護協会 国民宿舎 丹沢ホーム TEL:0463-75-3272 Eメール メール
※宿泊の案内:宿泊には丹沢ホームをご利用ください。(要予約)  丹沢ホーム
当日の夜は「森のコンサート」Jazz&BossaNovaをお楽しみください。
コリドー「緑の回廊」を丹沢からの案内
『かながわパークレンジャー』特別企画のお知らせ
現在、かながわパークレンジャーのホームページに、『今日は山へ行かない皆さんへ』と題して、丹沢・陣馬の山や自然に関するクイズなどのコーナーが用意されています。
下記のバナーが目印ですので、山へ行けないこんな時に、ぜひ、のぞいてみてください!

 かながわパークレンジャー ホームページ

イベント

他にも、自然環境保全センターの特設ページには、ぬりえやクイズがありますよ! 家にいながら、自然を楽しむことができるコンテンツをぜひ、お楽しみください!
イベント


このページの先頭へ戻る